CADの技術者として高待遇で就職をする方法とは

中途採用の経験者が歓迎される会社を見つけよう

CADの技術者は、有名マーカーから街中の工務店まで様々な場所で力を発揮することが期待されています。特に、CADの様々なソフトを扱える人や、グラフィックデザインの専門スキルを持つ人は有利な条件で職場探しができるため、じっくりと色々な現場の技術者の仕事内容や役割について調べてみるのがおすすめです。一般的に、製品開発や回路図作成などの業務が中心となる現場においては、中途採用の技術者が高待遇で働けるケースが多く見られます。また、就職後にCADのスキルを無駄にしないためにも、採用前に現場内で主に使用されているソフトの種類について確認をしたり、現役の技術者に日々の仕事の取り組み方について質問したりするのも良いでしょう。

CADの未経験者は丁寧な新人研修がある会社がおすすめ

CADのソフトを仕事上で一人前に使いこなせるようになるには、本人のセンスだけでなく長い年月が必要となります。特に、自動車や家電製品、電子機器などを扱う企業で技術者として働きたい人は、採用後に行われる研修の内容や教育期間の長さについてよく調べておくことが大事です。大手メーカーをはじめとした若手のCAD技術者の育成に力を入れている会社においては、一から業務に直結する技術を先輩が指導をしたり、定期的に集合研修やオンライン研修を実施したりするところが少なくありません。そこで、働きながらCADの専門スキルを磨きたい人は、求職中に若手からベテランまで様々な立場の技術者が活躍している現場を見つけることが重要となります。

CADオペレーターは、企業内の製品開発部門や街中の設計事務所、工務店などで製図を担当する機会が多くあります。