女性でもなれる!警備員の仕事や雇用形態について解説

女性もOKの警備員の仕事

今までは男性の職場とされていた警備員の仕事も、最近では女性の活躍の場も増えています。街中でも女性の警備員はよく見かけるようになったので、私にもできるかなと関心を持っている人も多いのではないでしょうか。仕事は、施設警備やイベント会場での保安業務、交通誘導業務や貴重品運搬業務、ボディガードの種類の仕事があります。主に民間の警備会社に勤務します。初めて警備員の仕事をするにあたって、わからないことだらけで不安に感じることもあるでしょう。しかし、入社後には警備員の仕事の専門知識や技術を身につけられる、しっかりとした研修があるのが一般的なので心配はいりません。十分に研修したうえで現場に派遣されることになります。

家庭と両立できる!警備員の働き方について

家庭に支障がないように働きたいという人は、パートや派遣社員で働ける警備員の仕事はあるか気になる人もいるでしょう。朝から晩まで長時間、週5日で正社員として働くことが難しい人にとっては、自分の都合のよい時間や曜日を選択して働ける勤務先を見つけたいという人もいますよね。警備員の求人の中には、パートや派遣社員、派遣アルバイトといったふうに、正社員以外にもさまざまな雇用形態があります。自分の都合に合う雇用形態を選んで求人に応募しましょう。たとえば、家庭と両立したいから朝から16時までのパートタイムで働いたり、無理なく週に2、3回で勤務することや、空いた日のみの派遣アルバイトとして働くこともできます。

どのような警備員の求人であっても必ず研修を受けなければなりません。この研修は警備員で働く際に必要な知識・技術を学べる研修であり、長く働く場合スキルアップが目指せます。