仕事を長く続けるコツ!自分にあった雇用形態を選ぼう

安定的な収入や同じ職場で頑張りたいなら正社員

仕事探しでは、少しでも長く続ける事が重要です。長く続けるとそれだけスキルを取得できて、自信になりますよね。そこで、安定的な収入を望んでいたり同じ職場で頑張りたい意思が強いのであれば正社員がおすすめです。正社員は、非正規社員よりも月収が高く設定されており、しかも努力次第で昇進のチャンスもあります。長く頑張れば、将来的に月収が高くなり幹部クラスで仕事ができる可能性もあるのでモチベーションを高く保ちながら仕事ができますよね。

結果的に、長く続ける事ができて正社員を選んで良かったと満足できます。ただ、待遇が悪かったりどれだけ努力してもなかなか昇進できない会社もあるので、念入りに比較しながら正社員の求人に応募します。

時間限定で働きたい・残業したくないなら非正規社員

仕事を探す時には、自分の状況に応じて雇用形態を選ばないと長く続けられないです。例えば、時間限定で働きたい場合ですよね。平日の昼だけ働きたいというのであれば正社員だとその希望を叶える事が難しいですよね。正社員は、基本的に労働時間が長く朝だけや昼だけといったように短時間勤務ができないです。しかし、アルバイトやパートであれば時間限定で働けますよね。また、残業したくない人も非正規社員が向いています。正社員の場合は、多忙期を中心に残業しなければいけない場合があります。

しかし、派遣社員やアルバイトなどは基本的に残業がなくて定時で帰宅できるので残業したくない人だと長続きできます。このように、自分の要望によっては非正規社員の方が快適に仕事を続けられるでしょう。

仕事探しを探している人にはどのくらい影響しているのでしょうか?有効求人倍率を見てみると2020年1月は1.49ですが2021年1月は1,10となっています。この数字を見ると確かに一年前より難しくなっています。